×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イギリス留学を目指して英語試験IELTS対策をセルフ・スタディで進めている人を応援するサイトです。

リーディングでスコアを稼ごう


1.全体的な内容理解とピンポイントな情報読み取り

IELTSのリーディング(制限時間60分)は、3つのパッセージから構成されています。いずれもアカデミックな長文読解で、日本の学校で英語を学んできた人には割と馴染みのある問題のスタイル…(続きはこちら

2.普段から英字新聞や英語の雑誌を読む

英語の総合的なリーディング力を上げるには、普段からある程度ボリュームのある英語の文章を読む習慣をつける必要があります。 本のようにあまりにも長い文章を読む必要はないと思いますが、新聞や雑誌など5分から10分で読み切れる文章で、かつボキャブラリーなどが増やせる記事に普段から目を通すことが…(続きはこちら

3.単語にあまり苦労しないIELTS

これはKennyの個人的な意見ですが、IELTSはTOEFLiBTに比べると、あまりリーディングの英単語に苦労することがないほうだと思います。単語の意味を問う問題がないのが大きいかもしれませんが、TOEFLのように極端にマニアックな単語がたくさん出てきて、文脈が読みとりづらいということが少ないと思います。

英単語4000受験英語からのTOEFL Test―文脈で覚える必須4000語 TOEFL iBT対応
泉 忠司 カーミット カーベル ケビン グレンツ
Z会
売り上げランキング: 139675

ただ、Kennyが単語対策を何もしなかったかというとそうでもなくて、IELTSの英単語という意味ではないですが、TOEFLの勉強をしていたときにこの単語帳を使っていました。難易度別になっているのでどこまでクリアしないといけないかがわかりやすくできています。

CDもありますが、後半の専門英単語部分しか収録されていません。単語帳の割にはサイズが大きくて重いので、持ち運びにはあまり向かないかもしれませんが、内容は悪くないと思います。









リンク集
Kennyのイギリス大学院留学
Kennyのイギリス留学グッズ
Kennyの留学TOEFLiBT対策
KennyのTOEIC900点対策
Kennyの息抜きフランス語
英語学習ランキング