イギリス留学を目指して英語試験IELTS対策をセルフ・スタディで進めている人を応援するサイトです。

IELTSはリスニング対策から始めよう


1.アナウンスに集中してテンポよく解答する

リスニングは4つのセクションから構成されており、簡単な日常会話から、学生とアカデミックチューターの会話、大学の講義までが出題されます。 IELTSのリスニング問題はTOEFLiBTに比べるとかなり聞きやすい内容になっていると思いますが、それでも簡単だというわけではありません。リスニング力以外に必要なIELTSリスニングのポイントを整理…(続きはこちら

2.IELTSリスニング問題を何十回も聞く

セクション別の出題形式と問題のパターンを覚えるため、一度練習で解いたIELTSのテスト問題は、iPodに入れるなどして何十回も同じものを聞いておくことをお勧めします。何十回も聞いているうちに、最初は耳に残らなかったフレーズがはっきりと頭に浮かぶようになります。また、少しずつ会話のスピードが遅く聞こえるようになってきます。


Cambridge IELTS 7 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Examination Papers from University of Cambridge ESOL Examinations (IELTS Practice Tests)    Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】


IELTSのテスト問題を解いた後は、2〜3回繰り返すうちに問題の答えを覚えてしまって解答自体には意味がありませんが、IELTSリスニング対策という意味で、Kennyはこの勉強は欠かせないと思います。

上記ケンブリッジ大学が出しているIELTSのテキストは、シリーズで出版されていますので、IELTS旧試験時代のテキストを除き、最近のテキストはなるべくたくさん解いて、繰り返し聞いておくとよいと思います。


3.BBCを活用してリスニング力を高める

IELTSはイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどの大学・大学院留学で必要となる英語資格のスコアですので、試験で扱われる英語はイギリス英語です。アメリカ英語に慣れている日本人にとっては、最初しばらくはリスニングでブリティッシュ・アクセントに苦労することも…(続きはこちら

4.イギリス映画を何度も繰り返し観る

リスニング力を上げるには、聞きやすい英語をたくさん聞くのと同じくらい、いろんな状況での英語や、男女や年齢層を越えたいろんな人が話す英語を…(続きはこちら









リンク集
Kennyのイギリス大学院留学
Kennyのイギリス留学グッズ
Kennyの留学TOEFLiBT対策
KennyのTOEIC900点対策
Kennyの息抜きフランス語
英語学習ランキング